« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

今晩もパスタメニューUPです アラビアータとチーズのニョッキ!

PhotoPhoto_2

ペンネ アラビアータ ¥1100

唐辛子の味を強くしたトマトソースのパスタ

イタリア語で「怒り」という意味で 辛くて食べると 

まるでカッカと怒っているような顔になるというところから この呼称が付いたらしい

おこりんぼ風 とも訳されるとの事

といっても そこまで 辛く無いので 辛いモノが 苦手な方でも 大丈夫です

ご安心を!


ニョッキ クワトロフォルマッジ ¥1300

ジャガイモと小麦粉との組合せで作られる 皆さん大好きなパスタ

イタリア産の 4種のチーズのソース

チーズ好きには 堪らない 一皿ですね!


|

今晩のオススメ 白身魚のパートフィロ包み ウニクリームソース

Photo


たまには 魚メニューのUPです

パートフィロとは

ギリシャやアラブが発祥と言われる

とうもろこしの粉と小麦粉で作られた 紙のように薄い生の生地

包んだり 被せたりしてオーブンで焼く 油で揚げるなど出来る

洋食でよく見かける食材です

その日の白身魚を この パートフィロで包んで オーブンで焼く

あっさりしている 食材なので ウニのクリームソースとご一緒に

パリっ フワっ とろ〜り

この三拍子!

給料日後の金曜日は こんなんから いってみましょ!

|

今晩のオススメパスタ スモークサーモンとイクラのトレネッテ¥1200 

Photo

トレネッテ

イタリア リグーリアの伝統的な平打ちパスタで

一般的にはリングイネとして通じているものだが

トレネッテはリングイネより厚くて太くてムッチリとしている

その日の お野菜を 和えながら

スモークサーモンとイクラの 

親子丼ならぬ 親子パスタ

昨年末 健康診断で 中性脂肪に 引っ掛かった オイラ

魚卵 禁止令が 出されており 指クワエながら 見るしかない、、、。

オイラの代わりに 皆様 お食べ下さい! 


|

昼から呑んじゃいません!?ホットカクテルでも!!

Img_4381_2

やはり 寒いと ホットものは 出ますね!

ホットワインが 人気ですが

ホットバタードラム! たまには こんなのも いいんでないかい?

ホットカクテルの定番中の定番カクテル

ダークラム酒とホワイトラム酒のブレンド

砂糖沈めて 

バター浮かべて 

シナモン差して

はいっ 心身暖まるねぇ!

当店は 朝でも 昼でも いつでも 酒が呑める 店です

ご遠慮無く グビグビ いっちゃって下さいね!

|

デリ! おつまみセットも販売中!

Img_1967

店内で One Plete Set という メニューが あるんです

ワインのデカンタかサッポロラガー(中瓶)

生ハム サラミ オリーブ ピクルス その日の前菜数種と パン

これで ¥2000

開店から 閉店まで いつでも オーダー出来る ちょっと呑んで ちょっと つまみたい 

最高の Set Menu!

それを テイクアウト出来ます!

しかも 酒無しで ¥1000!

 

|

今日のオススメパスタ! 洒落てます!

Img_8169

青トマト、グアンチャーレ、ブラータ・アル・タルトゥーフォのスパゲティ ¥1300

長い名前の オススメパスタ

なんのこっちゃ 分からない 名前の 羅列

説明させて頂きます

グアンチャーレ
グアンチャーレ (guanciale) とは豚の頬肉塩漬けにしたもの
表面に胡椒などのスパイスやハーブを刷り込んであるものが多い
le guanciale はイタリア語で枕の意味もある
豚のばら肉を使うパンチェッタよりも脂身が多いのが特徴

ブラータ・アル・タルトゥーフォ
モッツァレラチーズの中に生クリームとモッツアレラチーズを
混ぜたものを詰めて作ったもの
モッツァレラのモッツァレラ包み
今回のは ナ ナント トリュフの香り

青トマトの サクサクとした食感 青臭さ

グアンチャーレの 塩気

ブラータチーズの新鮮なクリーミーさと トリュフの香り

ちょっと 洒落てる 美味しいパスタです

吉祥寺で パスタ食べるなら MUSUIへどうぞ!!


|

雨 雪 寒い そんな日は 煮込み料理とホットワイン!

豚ホホ肉とウズラ豆の煮込み ¥500

Img_9448

ウサギ背肉の軽い煮込み レモンバターソース ¥900

Img_5781

ウサギ!? 食べるの!? なんて方も いらっしゃるのかな!?

パヨロツじゃぁ あたり前田の クラッカーですわさ

日本でも 古来より狩猟対象であり 食用とされてきんですよ

江戸時代 徳川将軍家では 正月の三が日に ウサギ汁を食べる風習があったらしい、、、。

鶏肉の様な食感 野生の生物独特のいい香り

ウサギは 美味なる 食肉です

軽く煮込んで ケッパー オリーブ レモンバーターソース これが ベストマッチ!

モチのロンで 余ったソースは 当店自慢の パンで 掬うべし!!

寒い夜は 煮込み料理と ホットワインで 決まりですぜ!

試された事無い方 今一度 当店で!!

今晩も 皆様の ご来店 お待ち申し上げます!

|

今晩のオススメ スノーホワイトチェリーバレー(合鴨)のブロード煮

Img_1188
ブロードで ゆっくり煮ていきます

北海道産 チェリバレー種の 合鴨

うんちくは 下記参照

ホロっと くずれる 鴨肉

肉感も しっかりもしておる

温かい ブロードのスープに 野菜と合鴨の 旨味が流れ出しておる

寒い最近には こういうの 

堪らんよ

オイラだったら オーダーするね!

Images

ブロードとは 鶏ガラ 数種の野菜で作る ブイヨン 出汁の事

灰汁が出る 取って また灰汁が出て 取って

それで 濾したスープ状のものを ブロードです


スノーホワイトチェリーバレーとは?

北海道で飼育されている合鴨です

ヨーロッパで人気の高いチェリバレー種を掛け合わせ

涼しい気候を好むこの鴨を 北海道の清涼な水で育てたというものです

ミネラル豊富な水で育てられた赤い身は いままでのチェリバレーとは一味違い

綺麗な水で育てると肉に臭みが出ないとの事

北海道に降る粉雪のように真っ白い羽の合鴨であることに由来

放し飼いに近い環境で飼育されており その為 体長も平均で通常のあいがもの1.5倍になります
Hiroi_thumb11


|

キノコのトリフォラーティ ¥700

PhotoPhoto_2

トリフォラーティなんて書くと カッコイイお料理に聞こえがち?

な~んてことはない にんにくとパセリをたっぷりと使った 炒め物です

フンギ・トリフォラーティ(きのこのトリフォラーティ)は ピエモンテ生まれの料理で

ポルチーニ茸を使いますが 今は季節的にポルチーニを使うのは難しいのと 

なんといってもマッシュルームは季節に関係なく購入出来ます

毎度 お伝えしてますが シンプル イズ ディフィカルト 

前菜に 最適!

昨晩 先述の ビゴール豚大好評!
本日も ございますので 是非!

|

本日のオススメデリ ウサギのマリネとお米のサラダ! ¥400

Photo_3

サッパリ 且つ 炭水化物も 摂取出来る 美味なる 一品!

ウサギは 鶏肉の様な食感!

低カロリーですよ!


|

今晩のオススメ ビゴール豚のシェリー風味 これ必ず食うべし!

Img_7893

¥2300

これは 最高!
最高です!

今回は シェリー酒で煮込み 柔らかく仕上がってます

ビゴール豚の 脂分は多いのですが この脂が サラッと しており 舌の上で直ぐ様無くなってしまう!

あぁ シェリーの程よい かほり

しかも 脂に 仄かな ナッツのような 香りが

付け合わせは リンゴとポテト 

肉感も良く この上無い一品!

必ず食べるべし!!必ず!!

騙されたと思って 一度 ワイン片手に 頬張る 価値有り!

きっと 至福の時ですから

裏切りませんよ!

ビゴールとは

スペインとの国境にそびえ立つピレネー山脈の麓 この地に棲むビゴール豚

フランス原産の豚としては 有史以来の最も古くから知られる品種であり スペインのイベリコ豚と起源を同じくすると言われています

漆黒の毛色に頭横に小さな耳を持った愛らしい姿をしたビゴール豚は 人懐っこくとても温厚な性格

一年を通じて緑豊かなピレネー山麓の牧地で放し飼いにされており 季節の移り変わりとともに 

春夏には青々とした牧草や新芽を 秋冬には樹林に落ちる栗や団栗などを食みながら育ちます

ビゴール豚の特徴的

脂肪割合が高い

ビゴール豚は家畜ではあるが野生に近いかたちで放牧されています

そのため 必然的に自然の驚異に備え しばらく糧を得なくとも生きていけるよう脂肪を蓄えこんでいます

脂肪を類のない風味豊か繊細美味なものとします

現在では50の農場に700頭分布され 希少価値の高い豚

|

今晩のオススメ ビゴール豚のシェリー風味 かれ

|

オススメデリ 鶏肉と黒キャベツのガルガネッリ ¥400

Photo_3


1211

黒キャベツ

トスカーナ発祥
一般的にはカーボロネロ(黒キャベツ)と呼ばれています
黒に近いダークグリーンのちじれ葉は霜の後に収穫すると甘くパスタやスープに最適です
ビタミン・ミネラル等豊富でオリーブオイルとの相性も抜群 炒めもの スープ等トスカーナ料理には欠かせない高級食材
ユニークとも言える形・色彩は鑑賞用としても十分応えてくれます
ブロッコリーとほうれん草を足して2で割った感じでしょうかね


Garganelli1s

ガルガネッリ

ガルガネッリは イタリア中北部エミリア・ロマーニャ州で生まれた ガルガネッロ GARGANELLO(小鴨)が語源のパスタ
外側の細かな溝と 紙巻状になった空洞部分にソースがからむのが特長

ガルガネッリに 柔らかい鶏肉と ソースが良く絡む!!
ランチでも提供中! 


|

スタッフ募集!

Img_3673

ホール・ドリンク業務

モーニング勤務可能な方嬉しい
土日勤務可能な方助かる

詳細は下記まで
Bakery & Cafe Restaurant MUSUI
0422-26-7020
寺崎まで

|

雑誌取材受けました!本日発売Cafe.mag!

Img_4963Img_8061Img_7815

本日発売の Cafe.mag 3月号 P62〜P63

見開き1ページで 取材を受けました

でかでかと 載っております!

本屋さんに 行ったら 見てね!


|

今晩のオススメ前菜 帆立の温かいサラダと 鶏レバーと生ハムのムースタルトタタン!!

PhotoPhoto_2

本日も冷える 寒い 曇天模様

まぁ 冬だからね

子供の頃は もっと 寒かったような気がしないでもない

温かい前菜も 豊富に

ホットドリンク 4〜5種類程 ご用意して

店内 暖房効かせて 暖まってますので

お立ち寄り下さいませ

・帆立の温かいサラダ ¥800
帆立をソテーし グレープフルーツのソース

鶏レバーと生ハムのムース タルトタタン添え ¥1000
タルト・タタン (Tarte Tatin) とは
バターと砂糖でいためた(キャラメリゼ)リンゴをしいて焼いたフランス菓子
その上に鶏レバーと生ハムのムース

甘めのもとと 塩気のある こういう組み合わせ いい
オイラは 好き
色味もよい イメージとして 少し枯れたような デコレーションは好き

|

バケット好調 大人気! ¥270

Photo_3

昨年クリスマスから 今年に入っても バケットの売れ行きが 良い

だから パン職人 ハナ は いつもより 多く焼いてます!


|

昨晩の人気だったメニュー コーヒー豆とケッパーのリゾット ¥1100

Photo_2

移転前からの Bistro MUSUI から 人気の リゾット!

コーヒー豆の 心地よいかほり 

ケッパーの酸味

ペコリーノチーズの 塩味

これがねぇ 

想像以上に 美味なんですよ

皆様 意外性で ん? っと 思われますけど

オーダー してしまうんです この リゾット、、、、

是非 今一度 ご賞味下され!


|

たまには ドルチェの UP!!

Photo_4Photo_6

言わずと知れた
ティラミスと

ヘーゼルナッツとリコッタのタルト
女性は タルトがお好き!

共に ¥400!

|

ランチ・テイクアウト・ディナー 共に 人気のメニュー!

Photo

アンコウのフリット 
テイクアウト¥400
ディナー ¥500

アンコウ
肝が肥大化する11月から2月が一番美味しい時期とされる
オスは食用になるほど大きく成長しないため 食用になるのはメスである
それは 産卵の時期 オスはメスに食べられるからであり カマキリと同じような習性を持っていると知られている
白身の部分は脂質が少なくヘルシーであり フグに似た食感で美味

今回は オレンジのソースと マッシュポテトが 付け合わせ

これ うんめぇぞ!
酒進むぞ!
昼間から 呑んじゃえ!
朝から 呑んじゃえ!

|

本日 1/15(日) モーニングのご予約で席残少です!

Photo

何だか モーニングでの 予約で お席少なし、、、、。


|

今晩のオススメですよ! オマール海老、ルッコラとグレープフルーツのリゾット

Photo_6Photo_7
¥1500

さてさて 本日のオススメは 

当シェフスペシャリテ リゾット!

オマールです 海老です

甲殻類好きな 方々 是非 寄ってらっしゃいませ いらしゃいませ

オマールの旨味 ルッコラの苦み グレープフルーツの酸味 

三位一体 お口の中で なし崩しに しておくんなまし!

裏切らない 一品です!


|

オススメ デリ 豚ホホ肉とウズラ豆のパイ包み焼き ¥400

Photo_5

中身は 見えないが 

絶対 美味いと 思いますよね!?

だって 豚のホホ肉ですぜ!?

勿論 ランチでも 好評提供中!!


|

週末モーニング! 焼きたてパンと共にお待ちしております!

Photo_4

さて 週末モーニングです!

最近は 朝から バタバタしております!

っが ゆっくり 朝の 焼きたてパンと コーヒーを 嗜んで下さい!

|

メニュー変更 本日のディナーメニュー!

Photo_3

¥500前菜

葉野菜のアンチョビソテー
根菜のタイムバター
リボリータ
豚ホホ肉とウズラの煮込み
アンコウのフリット

※記してませんが いつもの メニューは御座います

前菜

バーニャカウダ ¥1000
ブラッザート ¥800
帆立の温かいサラダ ¥800
岩中豚とフォアグラのパテ ¥800
ウサギの軽い煮込み レモンバターソース ¥900
キノコのトリフォラーティ ¥700
鶏レバー、生ハムのムースとタルトタタン ¥1000

パスタ・リゾット

スモークサーモンとイクラのトレネッテ ¥1200
ウズラのラグー ガルガネッリ ¥1200
ペンネ アラビアータ ¥1100
タコラグー トロフィエ ¥1200
ニョッキ クワトロフォルマッジ ¥1300
青トマト、グアンチャーレ、ブラータ・アル・タルトゥーフォのスパゲティ ¥1300
オマール海老、ルッコラ、グレープフルーツのリゾット ¥1500
コーヒー豆とケッパーのリゾット ¥1100

メイン 

白身魚のパートフィロ包み ウニのクリームソース ¥1800
牛レバーのソテー ¥1800
エゾ鹿とフォアグラのパイ包み焼き ¥2000
スノーホワイトチェリーバレーモモ肉のブロード煮 ¥2000
ビゴール豚バラ肉のシェリー風味 ¥2300

デザート ALL ¥400

ティラミス
リコッタチーズとヘーゼルナッツのタルト
ジェラート


|

オススメデリ ロマーニャ地方名物のピアディーナを! ¥400

Photo_2

ピッツァの原型 ピアディーナ (Piadina) はイタリア北部ロマーニャ地方の料理 

ロマーニャ出身で サッカー日本代表チームの ザッケローニ監督も 故郷を思い出すはず、、、。

小麦粉、水、塩、ラードやオリーブオイルを混ぜた物を円形に薄く伸ばして鉄板などで焼いて作ります

パンやナンと違い酵母は入れないのがコレ!

生地の ほんのり かほる 甘さが オイラ好きです

今回は 青トマト ヤギのチーズ スモークサーモン を 挟んで ご提供致します!

片手に ピアディーナ 片手に カフェラッテ 

小腹が空いての 井の頭公園散歩 吉祥寺散策 ジブリ迄の腹ごしらえに いかがでしょう!!


|

寒い夜だから リボリータ!!(パンと白インゲン豆のスープ)

Photo

先週今週と 取材ラッシュ

本日も1件終えました

2月は 陽の目に いくつの 雑誌に載るのやら、、、。

今日は今年一番の冷え込みとの事、、、。
確かに 冷えますね、、、。

そんな時は コレ!!

Photo_2Photo_3

Ribolitta(リボリータ)

Re(繰り返し・再び)bolitta(煮た)という意味のリボリータ

トスカーナ地方の郷土料理で 野菜や豆 パンを加え グツグツと美味しく煮込んだマンマの味

二度煮することで味に深みが増します

仕上げにチーズやオリーブオイルを加えたり

イタリア料理に限らないでしょうが

生活に密着しており 余ったモノや あるモノで 美味しい一品が出来上がる

素晴らしい事だと思います

煮込んでいるので とろみも増し 暖まる

コレが 美味い 

単なるスープと侮るなかれ! 


|

今晩のオススメ!明日からメニュー変わるかも!? 今日がチャンス!?

牛スネ肉とラディッキオのリゾット ¥1300

Photo_9

当店シェフの スペシャリテ Risotto!!

本日は 牛スネ肉を ゆっくり 赤ワイン等で煮込んで 柔らかくし

苦みが美味な ラディッキオと 合わせた リゾット

「リゾット」は米(Riso)と最高(ottimo)を合わせた造語から
料理された米(Riso+cotto)からなど諸説あるが定かではないらしい、、、。


蕪のスフォルマートと白子のビニエ ¥1000

Photo_10

スフォルマートとはフォルマート(形がある)の反対で「形のない」と言う意味になります

料理での厳格な定義はわかりませんが 細かくした具材を型に入れて オーブンで湯煎焼きした物を
広くスフォルマートといっているようです

たいがい卵や乳製品が入りますので 仕上がりはプディングみたいなものですかね

それに 白子のビニエ(天ぷら)を ON!!
贅沢な一品です!


タコのラグー ストロッツァプレッティ ¥1200

Photo_11

北海道の地タコを ラグー(煮込んだソース)に

ストロッツァプレッティとは 螺旋状に捩じれた ショートパスタ

ソースがこの パスタに 良く絡みます!

このメニュー おそらく 今日までかも!?

お待ち申し上げます!

|

本日のランチメニュー 野菜盛り沢山です!! 

Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8

お早う御座います

冷え込み厳しく ベッドから なかなか 抜け出せない 日々が 続いております、、、、。

先週 今週と 取材ラッシュで バタバタしております!

さて 今日からの ランチデリメニュー
下記から3種お選び頂いて パンと ドリンク付きで ¥800!
冬野菜盛り沢山!!

アンコウのフリットも捨て難い 
ピアディーナも捨て難い、、、。う〜ん 迷う、、、。
そんなあなたには 1品¥200で追加出来ます
もっと言えば サンドウィッチのセットに デリ追加も可能ですよ!
さらに お喋りが 止まらなかった ドリンクも 同じ金額で 追加可能!


DELI SET Bread+Deli+Drink ¥800
・カプレーゼ  ・カポナータ
・ルッコラと苺と生ハムサラダ
・インサラータミスタ
・根菜のタイムバター
・葉野菜のアンチョビソテー
・ウサギのマリネとお米のサラダ
・ミネストローネ
・リボリータ(パンと豆のスープ)
・鶏肉と黒キャベツのガルガネッリ
・里芋とタラのペンネグラタン
・ラザニア
・ピアディーナ
(青トマト,ヤギのチーズスモークサーモン
・豚ホホ肉とウズラ豆のパイ包み焼き
・アンコウのフリット
・ティラミス
・リコッタチーズと
   ヘーゼルナッツのタルト

SANDWHICH SET  Soup+Sandwhich+Drink ¥800

カンパーニュサンド
モルタデッラ・野菜の白バルサミコマリネ

ライ麦カンパーニュサンド
アンチョビ・トマトとわさび菜

|

今晩のオススメ 牛ロース・フォアグラのパイ包み焼き ¥1800

Photo_3

これは 必ず 食べるべし!

牛ロースのきめ細かい肉質と柔らかい風味と

フォアグラの香り

パイで包んで ナイフを入れてみておくんなまし

至福な 一時を 味わえます

その手助けとして こんな ワインに合わせてみては!?

レオポルド・プリモ・ディ・トスカーナ ドゥニコ2007

Photo_4

トスカーナ沿岸部 ボルゲリから目と鼻の先にあるビッボーナ
ボルゲリは「The Little Bordeaux(リトル・ボルドー)」と呼ばれるテロワールがあり国際ブドウ品種には理想的な栽培地域とされています
地理的条件には 常に海からの強い風があり
沿岸部である土壌からブドウ樹がヨウ素の摂取量が高く 
ブドウ畑は温暖で素晴らしくバランスのよい条件が整っています

化学薬品を使用せず 有機農法を実践

赤紫を帯びた濃いガーネット輝きがあり ブラックベリーやブルーベリー、カシス、プラムジャムなどの熟した黒果実のアロマを基調に 
スミレの花 ブラックペッパーやタイム 八角などのスパイス 皮革 土、燻煙 トースト ローストしたオークの香りが複雑性を与える
アタックはやや強くなめらかな質感
丸みを帯びた豊富なタンニンと豊かな酸がしっかりとした骨格を形成
ともによく溶け込むシルキーな舌触り
果実味はエキス分に富みジューシー ジャムや果実を煮詰めたような旨みに溢れ 
シラー種特有のスパイシーさとオークのフレーヴァーが絶妙
果実の持つ自然な甘味を残しながらもドライにまとめあげ 尚且つ洗練されたリッチなフルボディ
余韻は長く アフターには心地よいタンニンと果実やオークのフレーヴァー
飲み応え◎!

|

今日のオススメデリ! パンプリン! ¥400

Photo_2

プリン好きな 私にゃぁ 堪らん、、、。

だが 年末の健康診断の結果の 中性脂肪の数字高め 脂質異常症の為

ユビ クワエ ナガメルだけ、、、。

一日中 オーダー出来ますので お気軽にどうぞ!

|

青トマト(ベネチアンサンセットトマト)のピクルス ¥500

Photo_7Photo_6


ゼブラ柄の 縞模様の 珍しい トマト

その名も ベネチアンサンセット!

所謂 糖度の高い なんちゃらの トマトでは無いのだが 

今回のは 青い時に収穫してるもので

食感が シャキシャキしてまして 美味!

それを ピクルスに

ニンニク 唐辛子 マジュラム シャンパンビネガーにて

漬け込む

それが 大好評!

どの時間帯でも お出し出来ますので 

お気軽に お声掛け下さいね!


|

岩中豚とフォアグラのパテ ¥800

Photo_3Photo_4Photo_5

しかし パテって 美味いよね

オイラ好きだなぁ

酒に最高に合うよね

美味いよね

|

根強い人気 根菜のタイムバター!

Photo

ランチでも テイクアウトでも ディナーでも ここ最近の 人気メニュー!

旬の根菜を タイムとバターで ソテーした シンプルな一皿

シンプル故に

野菜故に

美味故に

オーダー数 多し!

連休最終日 張り切って 行きますよ!!


|

ホウレン草のタリオリーニ モッツァレラ&トマト ¥1100

Photo

卵入りの練り粉をのばして

幅に細長く切り分けた蕎麦状のパスタ


今回は ホウレン草を練り込み

モッツァレラとトマトとご一緒に

俗に言う 乾麺ではなく 手打ちのパスタ

モチモチ感堪能!

緑 赤 白

The Itaria!!

|

本日のオススメデリ 里芋のグラタン!

Photo_4

この里芋が めちゃめちゃ 甘い 美味い ねっとり!

それを 贅沢に グラタン仕立て!

寒い日にゃぁ ホッコリ 暖まります!

|

今朝のエスプレッソの豆はこれ!

Photo_3

島根県 ROSSOの豆で

モーニングのコーヒー カフェラッテ カプチーノ エスプレッソを 淹れます

島根が実家の友達に 買って来て貰いました!

美味しかった

チョコレートの様な 香り

アタックも良し

余韻も 雑じゃない

少量ですので モーニングで 終了予定です!

1/8(日)の モーニングは この エスプレッソを お試し下さいませ!

|

スパゲティカルボナーラ¥1200

Photo

誰もが ご存知の パスタ

誰もが お好きな パスタ

カルボナーラ

玉子と ペコリーノチーズ 胡椒 パンチェッタ オリーブオイル 塩 ニンニク 

材料はこれだけ

生クリーム 牛乳は 一切使用しない

簡単そうに 思うかも知れんが

意外と 簡単ではない

一度 お食べ下さいな!

カルボナーラ(Carbonara)は「炭焼き人風」の意味で炭焼き職人が思いついた料理だとか

仕上げに振る粗挽き黒こしょうが炭の粉のように見えることから呼ばれるようになったなど

いくつかの説があるようです


Photo_21

今日も 寒い 

風が冷たい

ホットワインや ホットジンジャーレモネード等 

温かいお飲物も ご用意してお待ちしております!


|

今晩のメニュー! 前菜は¥500〜です

Photo_3
写真 
有機野菜の白ワイン蒸し(ブラッザート)¥800
寒い冬に 温野菜がモリモリ食べられる人気のメニュー!


前菜¥500メニュー

オリーブ
ドライトマト
チーズ(イタリア・フランス)
生ハム、サラミ
ピクルス
カポナータ
カプレーゼ
パンツァネッラ 
インサラータミスタ
ルッコラと洋梨と生ハムサラダ
根菜のタイムバター
蕪のポタージュ
リボリータ(白インゲン豆とパンのスープ)
マグロのポルペットーネ

前菜

バーニャカウダ 1000
ブラッザート(有機野菜の白ワイン蒸し) 800
黒ニンニクと牡蠣のコロッケ 1000
スペックと葉タマネギのサラダ
サーモンのマリネ 800
ブッラータ•アル•タルトゥーフォのオムレツ 1000
蕪のスフォルマートと白子のビニエ 1000

パスタ•リゾット

ホウレン草のタリオリーニ  モッツァレラ・トマト 1100
ニョッキ クワトロ フォルマッジ 1300
ウズラのペンネ 1200
タコのラグー ストロッァプレッティ 1200
スパゲティ カルボナーラ 1200
ラディッキオ・牛スネ肉のリゾット 1300

メイン

真鯛のアクアパァッツァ 1600
牛ロース・フォアグラの パイ包み焼き 1800
ヴァンテ産 鳩のロースト 2500
ビゴール豚のロースト 2800

デザートALL¥400

ティラミス
パンナコッタ
ジェラート2種
(焼リンゴ レモンジンジャー 栗 洋梨 バニラ)


|

本日のランチセット¥800 11:00-14:00

サンドウィッチセット ¥800

Photo_2


2種類のカンパーニュでご提供しますので 一度で二度美味しいセットです

カンパーニュ
ナポリサラミ・トマト

ライ麦カンパーニュ
人参とウイキョウ・アンチョビペーストのサラダ

これに ミネストローネと ドリンクが付きます

デリセット ¥800

Dscf3082

下記から3種類選べる お客様の体調や気分で メニューを決められ
ボリューム満点のセットです

・カプレーゼ  
・カポナータ
・根菜のタイムバター
・インサラータミスタ
・ルッコラと洋梨と生ハムサラダ
・カラマリとコリアンダーのサラダ
・ホウレン草とスモークサーモンのパイ包み焼き
・パンツァネッラ(パンのサラダ)
・ミネストローネ
・蕪のポタージュ
・アランチーニ(ライスコロッケ)
・ラザニア
・渡り蟹トマトクリームソース オレキエッテ
・豚とリンゴのラグー ペンネ
・マグロのポルペットーネ
・大山鶏モモ肉のロースト
・ティラミス
・カンパリ風味のパンナコッタ

パンとドリンクのセットです


|

明けましてお目出度う御座います ただ今仕込み中、、、。

Photo

2012
営業開始は 明日 1/6(金) モーニングの朝7:00から 通常営業させて頂きます

本年も 宜しくお願い申し上げます

今は 仕込みに追われてます、、、。

|

今年も宜しくお願い申し上げます!

Photo_2

Bakery & Cafe Restaurant MUSUI

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »